<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

留学生ときしめんレシピ検討会

きしめん・でら・パスタ計画の活動で、
名古屋在住の外国人留学生と一緒に
きしめんのレシピ検討会を開催しました。

名古屋大、南山大の留学生に集まってもらいました。
アメリカ、中国、韓国、ケニア、パキスタン、オランダなど
世界各国の意見を聞くことができました。

名古屋のオーソドックスなきしめんも人気がありましたが、
しそのトッピングや、八丁味噌を使った肉味噌風味も好評でした。
また、イスラム教で規制されるハラル認定のことなど、
海外市場の貴重な意見をもらうことができました。

FM愛知のフレッシュ・アップ・アイのパーソナリティーの
川本えこさんにもレシピ考案でご協力いただき、
大成功の検討会でした。

d0166534_14485846.jpg
d0166534_1449548.jpg

d0166534_14491022.jpg

d0166534_1449737.jpg

d0166534_1449137.jpg
[PR]

by kintobi61 | 2011-10-26 15:00 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

東海テレビの取材がありました

東海テレビ「スーパーニュース」の
中村昌秀さん(今年4月までキャスター)
が当社を訪問されました。

現在は同局の報道部で活躍されています。
当社のきしめんの製造工程をご覧になりながら、
さすがに鋭い質問をされるので正直タジタジでした(笑)。

「スーパーニュース」といえば、
知人の娘さんである菊池真以さんが
気象予報士として活躍しています。
不思議なご縁を感じてしまいました。

d0166534_11355262.jpg
[PR]

by kintobi61 | 2011-10-19 11:36 | メディア | Comments(0)  

きしめん・でら・パスタ委員会

10月14日に布袋食糧株式会社の試験室をお借りして、
海外向けきしめんのスープ試食会をおこないました。

目的は、次回予定している海外向けきしめん試食会の準備として、
数種類のだしから3種類(定番だし+2種)にしぼりこむことです。

各委員が自社から持ち寄った乾麺を使って、
だし味を確認していきます。

d0166534_748831.jpg

だしのレシピ考案、試作品の準備は
FM愛知「フレッシュ・アップ・アイ」パーソナリティーで、
ベジフル・コミュニケーターとしても活躍している川本えこさんにお願いしました。

d0166534_7481882.jpg
d0166534_7482445.jpg
d0166534_7483181.jpg

えこさんが用意してくれたスープは以下の7種類。
①鶏ガラ(老鶏+野菜(トマトなど)+ローリエ)
②豚(バラブロック+ローリエ、タイム、岩塩+1週間漬込み)
③野菜(トマト+ベーコン+タマネギ+3時間煮込む)
④煮干し+昆布
⑤海老
⑥カツオ
⑦肉味噌(豚ミンチ+豆板醤+八丁味噌)

飛び入り参加のドイツ人社長夫妻や大陽製粉社長の意見も交えて、
真剣かつ和やかに試食会が行われました。

d0166534_7483781.jpg
d0166534_82734.jpg

その後、会議室に場所を変えて
次回の海外向けきしめん試食会で使用するスープを3種類選抜し、
トッピングや試食会運営方法について協議をおこないました。

d0166534_7484314.jpg
d0166534_7485227.jpg

選ばれたスープは以下の通りです。
 ・鶏ガラ(改善点:トマトを多めにする)
 ・肉味噌(改善点:豚ミンチを鶏ミンチに替える、とろみをつける、甘味を増す)
 ・カツオ(改善点:ムロアジを加えてオーソドックスに)

用意するトッピングは以下の通り
 ・花かつお
 ・ほうれん草
 ・かまぼこ
 ・油揚げ
 ・七味
 ・エビ
 ・野菜(大根、ニンジン、インゲンなど)
 ・薬味ネギ
 ・ゴマ
 ・ショウガ
 ・パルメザンチーズ(肉味噌用として)

さあ、いよいよ次回は名古屋在住の外国人に意見を聞く、
海外向けきしめん試食会を予定しています。
楽しみです。
[PR]

by kintobi61 | 2011-10-18 07:58 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

名鉄百貨店のサムロック商品

9月末より、
名鉄百貨店1Fの「Chu!SHOP名古屋駅店」にて、
サムロック商品の取り扱いが始まりました。

アイテムはサイダー・かりんとう・味噌・きしめんの4アイテム。
人目によく触れる場所で、手に取っていただけます。

d0166534_11273038.jpg
d0166534_1127383.jpg


また、セントレアでは、
10月22日~30日の9日間、東急ハンズさんの催事が予定されています。
サムロック商品のアイテムは下記の通りです。
サイダー・かりんとう・味噌・きしめん・碾茎玉露・五本指足袋・ストラップ。
名古屋の玄関でサムライをアピールしていきます。
[PR]

by kintobi61 | 2011-10-13 11:28 | サムライ日本プロジェクト | Comments(0)  

石巻ボランティア

知人の紹介で
石巻でのボランティア活動のことを知りました。

東日本大震災で大きな被害を受けた石巻市を
タレントの矢野きよ美さんらが元気づけようと企画されました。

d0166534_10225429.jpg



参加してくれるのは、泉谷しげるさん、嘉門達夫さん、清水国明さんなど。
「みんなの祭り 無礼講~石巻編~」と題して、
現地で復興への祈りを込めたライブです。

先日、手弁当で参加協力しているNHK「ほっとイブニング」の
村竹メインキャスターが当社を訪問してくれました。
少しですが、復興の力になれれば幸いです。

ライブの模様は、11日のNHK「ほっとイブニング」(18:10~)で
紹介される予定です。

d0166534_1021433.jpg


[PR]

by kintobi61 | 2011-10-10 10:26 | 地域 | Comments(0)  

大学研究室が開発した日本酒

筑波大学を訪問しました。
学園祭「雙峰祭」が開催され、
構内は学生や来場者で賑わっていました。

d0166534_83253100.jpg
d0166534_9181531.jpg


「柔道の父」嘉納 治五郎は
東京高等師範学校(現筑波大学)の校長を25年勤めました。
筑波大学は柔道、サッカーをはじめ、スポーツがたいへん盛んですが
その基礎を築いたといえます。
d0166534_8415482.jpg


石油を作る藻類として注目されているオーランチオキトリウム(学名:Aurantiochytrium)。
今までの10倍の効率で石油を生産する藻類として、
渡邉 信教授のグループが学会で発表して世界の注目を集めています。

一方、左党の私が興味があったのは校章の桐の花にちなんだ大学の酒(笑)。
大学構内の桐の花から分離した清酒酵母を利用して、
純米吟醸酒「桐の華」がつくられたということです。

酒を飲んで語り明かすのも学生時代の大切な思い出。
勉強やスポーツばかりが大学の目的ではないですね。

d0166534_934570.jpg


[PR]

by kintobi61 | 2011-10-09 23:19 | | Comments(0)  

金トビめん 冬のカタログ

金トビめんの冬のパンフレットを作っています。
あたたかい、かわいいパンフレットが出来上がりました。

「麺でつながる感謝のこころ」を
日頃お世話になったあの方に届けたい、
そんな思いを受け止められるようにがんばります。

食卓で金トビめんを囲んで、
湯気の向こうに
「おいしい笑顔」が広がることを祈っています。

d0166534_15504715.jpg

d0166534_15505443.jpg

[PR]

by kintobi61 | 2011-10-06 15:54 | めん | Comments(0)  

「旅色」に掲載されています

10月号の「旅色」をご覧ください。

d0166534_18504389.jpg

金トビ志賀のトップページから飛ぶことができます。

榮倉奈々さんのかわいらしいポートレートとともに
ものづくり愛知の施設や
金トビ志賀が紹介されています。

地域に根ざして、
これからも美味しいうどんを作ります。
[PR]

by kintobi61 | 2011-10-05 18:49 | メディア | Comments(0)  

日本経済新聞に取り上げられました

愛知県食品輸出研究会のことが、
日本経済新聞(10/5)にとりあげられました。

当社も輸出初心者ながら参加させていただいています。
これからは海外にも目を向けて、
愛知の加工食品を発信していきたいと思います。

d0166534_16211981.jpg

[PR]

by kintobi61 | 2011-10-05 16:17 | メディア | Comments(0)  

美味しいうどんラボ通信 第5号

美味しいうどんラボ通信第5号が出来ました。

今回は輸入麦の政府売渡価格の改定のお知らせ、
金トビ志賀の原料小麦についてのご説明など、
美味しいうどんで繁盛店を目指す方に有益な情報が載っています。

「繁盛店レポート」は
名古屋市中区上前津の「手打麺舗丸一」さんをご紹介しています。
桜エビを使った桜天うどんが美味しい看板メニューです。
なによりも味わってほしいのはソフトでもちもちした最高の手打ちうどん。
本物の「名古屋手打ちうどん」を堪能できるお店です。

また、今回の「美味しいうどんへの道」はうどんのコシの話です。
茹で足らない硬いだけのうどんや、
デンプンを添加したうどんの弾力ではない
「うどん本来のコシ」について説明しています。
製麺作業をする時の粘着性と弾性に関係するグルテンと、
茹でた後の食感に関係するデンプンの話です。

最適の製麺方法でうどんを作り、
最高の状態に茹で上げてお客様へ提供する。
そのヒントがわかりやすく説明してあります。
これで最高に美味しいうどんが提供できます。

大好評のプロ向け手打ちうどん講習会は、
次回は11月24日(木)を予定しております。
申し訳ありませんが、
場所の都合で先着6名様とさせていただきます。
こちらも、美味しいうどんを目指して頑張ります。

d0166534_10245195.jpg


[PR]

by kintobi61 | 2011-10-05 10:38 | 美味しいうどんラボ | Comments(0)