人気ブログランキング |

名古屋能楽堂

名古屋能楽堂にいってきました。
今日は観世流の「秋の久田観正会」が開かれ、
久しぶりに能楽を鑑賞しました。

母親は縁あって若いころから能に親しみ、
数十年の能楽修行の集大成として
このたび名誉師範の称号をいただきました。

今回の披露では、
慣れ親しんだ「井筒」を舞わせていただきましたが、
直前に腰を痛めたりして、
本人も不安を抱えての演技でした。

家族も心配していたのですが、
1時間近い長丁場を演じきりました。
とても立派な舞い姿だったと思います。

名古屋能楽堂_d0166534_902511.jpg

# by kintobi61 | 2010-11-28 21:23 | 地域 | Comments(0)  

「きしめん・でら・パスタ計画」第3回経営勉強会

きしめん・でら・パスタ計画」の経営勉強会が
名古屋駅前の「ウィンクあいち」で
開催されました。

第3回目の今回は、
フリーアナウンサーで
FM愛知「パラダイス・ビート」のパーソナリティーの
川本えこさんをお招きして、
企業からの情報発信を効果的におこなう方法を
マスコミごとの特徴を分析し、
豊富な実例を交えながら、
非常に実践的に解説していただきました。

「きしめん・でら・パスタ計画」第3回経営勉強会_d0166534_18163622.jpg




また、レトルト食品開発の第一人者であります、
サンハウス食品㈱の小笠原工場長からは
レトルト食品の特長と市場動向、
また海外への食品輸出の際の規制と対応策など、
次年度以降の取組みに有意義な勉強ができました。

「きしめん・でら・パスタ計画」第3回経営勉強会_d0166534_18161714.jpg




意見交換も活発におこなわれ、
和気藹々とした中にも真剣さの感じられる勉強会でした。

# by kintobi61 | 2010-11-26 23:14 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

霞ヶ関ビルにて

東京の霞ヶ関ビルディングに来ています。

下から見上げると、
秋空に堂々と胸を張っているように見えました。
官庁の並ぶ一角に威容を誇っています。

霞ヶ関ビルにて_d0166534_17514043.jpg


35階の部屋からは、
東京タワーがすぐ近くに見え、
首相官邸や国会議事堂を
見下ろす位置にあります。

ここ霞ヶ関がしっかりしてくれないと、
日本の将来は新興国に遅れを取ってしまいます。
言葉尻をとらえた、つまらない政争などヤメて、
日本の将来を真剣に議論してもらいたいものです。

霞ヶ関ビルにて_d0166534_17514680.jpg

# by kintobi61 | 2010-11-25 17:37 | メディア | Comments(0)  

大入り満員

ナゴヤドームの
「ドームうまいもんワールド」が開催されています。
今年は、2つのイベントの同時開催です。

大入り満員_d0166534_18545391.jpg


全国のご当地グルメが一堂に集結した
「全国ご当地グルメフェア」では、
話題のB1グルメや日本中のうまいものが食べられます。

また「あいちのふるさと農林水産フェア」では、
愛知県の新鮮な農林水産物やふるさと産品の
試食や買い物が楽しめます。

大入り満員_d0166534_18525710.jpg


とても多くの皆さんが楽しんでいます。
初日の土曜日が入場者3万人。
昨日の日曜日は4万1千人。
今日も平日にもかかわらず、日曜日と変わらぬ人出のようです。
たった3日で蒲郡市の人口を超えてしまいました。

B1グルメや庶民的で美味しいものには目が無い。
そんなご時勢ですね。
当社も愛知県産小麦の味噌煮込みきしめんの
試供品を配っています。

明日が最終日。
L-6のブースでお待ちしています。

# by kintobi61 | 2010-11-22 18:57 | 地域 | Comments(0)  

「ドームうまいもんワールド」に出店します

ナゴヤドーム(名古屋市東区大幸南1-1-1)において
11月20日(土)~23日(火・祝)の日程で
ドームうまいもんワールド」が開催されます。

今回は「全国ご当地グルメフェア」と「あいちのふるさと農林水産フェア」の
2つのイベントが午前10時~午後8時の間、開催されます。

「全国ご当地グルメフェア」では、
全国のご当地グルメが一堂に集結します。
話題のB1グルメや日本中のうまいものが食べられます。

また「あいちのふるさと農林水産フェア」では、
愛知県の新鮮な農林水産物やふるさと産品の販売をはじめ、
企画展示や試食コーナーなど、前売り800円(当日1000円)で
家族揃って楽しめる内容です。

㈱金トビ志賀、サムライ日本プロジェクトも参加します。
㈱金トビ志賀では、愛知県産小麦100%の煮込みうどんの
試供品を無料配布します。
どうぞお越しください。

# by kintobi61 | 2010-11-18 18:32 | 地域 | Comments(0)  

上海の老舗麺類店

上海で50年の歴史を刻む麺類食堂の滄浪亭(ソウロウテイ)。
モダンで清潔感のある明るい店は、
若い人でにぎわっていました。

上海の老舗麺類店_d0166534_14323857.jpg
上海の老舗麺類店_d0166534_14325640.jpg

蟹ミソ焼きそば
上海の老舗麺類店_d0166534_14333491.jpg

五目あんかけ海老焼きそば
上海の老舗麺類店_d0166534_14341127.jpg

醤油ラーメン
上海の老舗麺類店_d0166534_14342797.jpg

上海の老舗麺類店_d0166534_1435366.jpg

トマトと卵のふんわり炒め
上海の老舗麺類店_d0166534_14351358.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-12 18:24 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

FHC China 2010

今回の目的の一つである、
FHC China 2010」を見学しました。

上海の食品飲料のトレードショーとして13年の歴史を誇り、
61カ国から900近い参加企業が集まります。
中国国内の需要拡大をにらみ、
世界各国から意欲的な出展が見られました。

特にアメリカをはじめ、欧米各国のブースは大変きらびやかで、
中国を市場として大変重視している様子が伺えます。
日本もJETROさんのバックアップで大きな面積を占有して、
愛知県をはじめ各地域の企業ががんばっていました。

愛知からは、
あいやさん、平松食品さん、シバタ貿易さんなどが参加していました。

会場の「上海新国際博覧中心(Shanghai New International Expo Centre)」
は、大変広くて入り口から会場までバスで移動します。
V字型レイアウトに東ホール6つ、西ホール5つがならんでおり、
FHCは東の5~7の3ホールを使っていました。

中国の市場の熱気とパワーに圧倒されました。


FHC China 2010_d0166534_17185565.jpg
FHC China 2010_d0166534_1719147.jpg
FHC China 2010_d0166534_1719761.jpg
FHC China 2010_d0166534_17191279.jpg
FHC China 2010_d0166534_17191797.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-12 17:18 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

上海の料理

上海では、
中国各地の様々な民族の料理が食べられますが、
寧波、揚州、蘇州地方の影響があります。

味は甘めで、醤油、黄酒(ホアンチュウ)、黒酢で味を整えます。
長江(揚子江)流域のコメの一大産地でもあり、
淡水産の魚介類を多く使う特長があります。
小籠包や上海蟹が代表的です。

豫園の南翔饅頭店の小籠包上海の料理_d0166534_1603870.jpg

王宝和大酒店の小籠包
上海の料理_d0166534_15594873.jpg

清蒸大閘蟹(上海蟹の姿蒸し)
上海の料理_d0166534_161428.jpg

蟹粉烏冬面(蟹肉うどん)
上海の料理_d0166534_15402395.jpg

筍の炒めもの
上海の料理_d0166534_1556246.jpg

クラゲの前菜
上海の料理_d0166534_15564957.jpg

清炒蝦仁(川海老の塩炒め)
上海の料理_d0166534_1557716.jpg

ホウレンソウの炒めもの
上海の料理_d0166534_17414320.jpg

フカヒレスープ
上海の料理_d0166534_17415541.jpg

蟹と卵白のふわふわ煮
上海の料理_d0166534_17414939.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-11 15:36 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

上海の屋台、大衆食堂

大都市上海には、
屋台、大衆食堂から高級店まで
いろいろなお店があり、
様々なニーズに応えてくれます。

大衆食堂にも必ず麺類があります。
こうした食堂では、
上海市民の日常に触れることができ、
比較的安く名物を食べることができます。

雲南南路の串焼き屋台(串焼き羊肉)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13481880.jpg

大衆食堂の紹興酔鶏(酔っ払い鳥)(鳥の紹興酒漬け、28元、350円)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13495240.jpg

あんかけ炒麺(チャオミェン、28元、350円)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13522185.jpg

清蒸大閘蟹(上海蟹の姿蒸し)(大閘蟹のオス、ダージャーシエ、68元、900円)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13534552.jpg
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_1353547.jpg

上海汁面(海鮮スープとショウガの麺、無かん水、中力粉)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13545774.jpg

麺類食堂
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_13552949.jpg

食堂内部
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_1415093.jpg

紅牛肉麺(ロウミェン、20元、260円、青ものはフキ、小麦粉2等粉)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_142518.jpg

北朝鮮政府直営店の平壌冷麺(ソバ粉とコメ粉もしくはデンプン、細いが固い)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_1435020.jpg

麺類ファーストフードの湯麺(タンミェン、7元、90円、無かん水、中力粉)
上海の屋台、大衆食堂_d0166534_149436.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-10 20:10 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

上海の風景

上海には2年ぶり4度目の訪問です。
2年前は、上海万博の準備のため、
市内のあちこちで工事が行われており、
雑然とした大都市のイメージでした。

今回は、街もきれいになり、
市民の服装がファッショナブルになり、
行き交うクルマも高級車が増えました。

また、ある程度英語が通じる場所が多くなり、
前回よりもずいぶん会話が楽な気がしました。
上海は、着実に国際化しているようです。

外灘のHSBCビルディング(ワイタン、Bund)
上海の風景_d0166534_1738957.jpg

外灘から対岸の浦東地区を望む(東方民珠電視塔など)
上海の風景_d0166534_17381811.jpg

ホテルの部屋から朝の市内を望む
上海の風景_d0166534_17382544.jpg

新天地1
上海の風景_d0166534_17383221.jpg

新天地2
上海の風景_d0166534_17384283.jpg

豫園商城
上海の風景_d0166534_17384878.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-10 17:26 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

上海の百貨店、スーパー

上海は、
周辺を含めると人口2000万人ほどの
世界7番目の大都市です。
世界の金融センターのひとつでもあります。

気候は、夏と冬が厳しいですが、
春、秋は日本と同じような気温です。
今は市場を一つ一つ見てまわるには、
良い季節です。

日々進化する上海は、
新しいモール、百貨店、スーパーが
続々できています。

日系、現地資本、新旧の売り場などを、
時間の許す限り見てまわりました。

久光百貨店
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1139685.jpg

恒隆広場(PLAZA66)
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11395075.jpg

梅龍鎮広場(伊勢丹百貨)
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11395878.jpg

第一百貨
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1140979.jpg

新世界
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1140182.jpg

南京路の歩行者天国
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11403813.jpg

太平洋百貨
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11405937.jpg

上海六百
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1141689.jpg

METRO
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11411581.jpg

港准広場
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11412498.jpg

東方商厦
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11413175.jpg

匯金百貨
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1141399.jpg

香港新世界
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11415863.jpg

太平洋百貨
上海の百貨店、スーパー_d0166534_11421469.jpg

上海第一ヤオハン
上海の百貨店、スーパー_d0166534_1142235.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-09 12:12 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

上海市内へ

上海に来ました。
上海浦東国際空港からリニアモーターカーで
市内に向かいます。

上海市内へ_d0166534_1155489.jpg


空港駅から、地下鉄乗り継ぎの龍陽路駅まで8分。
出発してあっという間に300kmを超えて、
1分半ほどで減速が始まります。

上海市内へ_d0166534_1162058.jpg


加速は早く、
やや揺れがありますが、
走行音は新幹線より静かに感じました。

料金は50元(約650円)。
磁気カードは繰り返し利用型で、
かなり使い込んでいました。


上海市内へ_d0166534_1171489.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-09 11:44 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

めんるい食堂 清田庵

清田庵で「あんたま うどん」をいただきました。
あんかけの卵とじ。

白醤油ベースのあんかけに
タマゴが綺麗に散っていて、
見るからに美味しそう。

熱々のうどんは、
色白にモッチリとしていて柔軟な弾力があります。
茹で具合が絶妙で、
うれしくなってしまいます。

小麦粉の風味を楽しみながら
幸せな時間を過ごしました。

めんるい食堂 清田庵_d0166534_17595173.jpg


アツアツのあとは、
あんみつとメープルのシャーベットも
美味しいです。
そうそう、旬のカキフライも始まったようですよ。
めんるい食堂 清田庵_d0166534_180375.jpg

# by kintobi61 | 2010-11-07 17:27 | 地域 | Comments(0)  

きしめんの吉田麺業 新店OPEN!

「きしめんの吉田」で有名な吉田麺業さんの
新店が11/7(日)にOPENします。

名古屋駅西の地下「エスカ」にも
大きなお店がありますが、
本社に近いロードサイドに新店がオープンです。

場所は、名古屋市中川区の千音寺。
アズパークの前。
各方面からのアクセスも良く、
わかりやすい場所です。

きしめん一筋120年。
喉越しが良く、小麦粉の風味が香る
「本物のきしめん」を味わえます。

海老おろしきしめんや
味噌煮込みも絶品です。
ぜひお越しください。

きしめんの吉田麺業 新店OPEN!_d0166534_21572285.jpg


きしめんの吉田麺業 新店OPEN!_d0166534_21572961.jpg


きしめんの吉田麺業 新店OPEN!_d0166534_2275293.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-11-06 22:02 | 地域 | Comments(0)  

きしめん映画が発進

最近、いろいろなところで
「きしめん」が取り上げられるようになりました。

今度は「きしめん映画」の撮影の話題です。
「きしめん」にまつわる、どんな話が映画になるのでしょうか?
20分ほどの短編映画2本ということです。

とても楽しみです。

きしめん映画が発進_d0166534_1331599.jpg

# by kintobi61 | 2010-10-31 22:03 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

THE JAPAN TIMES に掲載されました

英字新聞の
THE JAPAN TIMESに
掲載されました。

以下は、同社のサイトからの記事を引用しました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

THE JAPAN TIMES に掲載されました_d0166534_2137267.gif


Saturday, Oct. 30, 2010

CHUBU CONNECTION

Flour millers cooking up 'kishimen' revival
A flour miller association in the Chubu region is promoting a plan to market overseas "kishimen," a flat noodle that is a specialty of Nagoya.

THE JAPAN TIMES に掲載されました_d0166534_21354116.jpg
Using his noodle: Jusuke Shiga, a Chubu miller group board member and president of Kintobi Shiga Co., is eager to promote overseas the flat noodles called "kishimen." CHUNICHI SHIMBUN


The Kishimen dela Pasta plan calls for the association to research foreign markets and hold study sessions to develop new products that can eventually be introduced to the world as leading examples of Japanese food culture.

The plan was adopted this fiscal year by the Small and Medium Enterprise Agency as its JAPAN Brand Fostering and Support Project, which aims to market local-level products as world-class brands. Nine flour-milling companies in Aichi Prefecture that belong to the miller group are participating.

This project was launched amid growing concern over the decline in kishimen production. According to the miller group, Aichi is the biggest producer of flat noodles, including kishimen, in the country. But production has dropped in the past decade to about 660 tons in 2009, compared with about 1,720 tons in 1998.

"We can't put up with this falling trend any more. By turning our focus to overseas markets, we want to rediscover the good points and traditions of kishimen," said Jusuke Shiga, 51, president of Kintobi Shiga Co. in Gamagori and a board member of the Chubu miller group.

The group plans to visit New York and Shanghai this year to conduct research on the Japanese food and dried noodles available at local supermarkets and food exhibits. It also hopes to develop new kishimen recipes and sales channels.

This section, appearing Saturdays, features topics and issues from the Chubu region as covered by the local daily Chunichi Shimbun. The original article was published Oct. 21.

# by KINTOBI61 | 2010-10-30 22:31 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

きしめん・でら・パスタ委員会 10/29

10/29にきしめん・でら・パスタ委員会が開催されました。
議題は以下のとおり。

 (1)東京、ボストン、ニューヨーク調査の報告

 (2)活動シンボルとしてのロゴマークについて
  
 (3)11/11~14上海市場調査の打ち合わせ
  
 (4)11/26経営勉強会の準備
  
さあ、11月になるといよいよ上海の市場調査です。
委員の意欲も高まっています。

中国は難しい問題も多いですが、
地政学的にも、また消費人口を考えても
日本が無視して通るわけにはいかない大国です。

しっかりと市場を調査して、
来年以降につながる成果を上げたいと思います。


きしめん・でら・パスタ委員会 10/29_d0166534_21344123.jpg


きしめん・でら・パスタ委員会 10/29_d0166534_21344722.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-10-29 21:10 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

中日新聞に掲載されました

中日新聞に
JAPANブランド「きしめん・でら・パスタ計画」が
紹介されました。

中日新聞に掲載されました_d0166534_23292061.jpg


郷土料理のきしめんの美味しさを
知ってもらうためにがんばります。

# by KINTOBI61 | 2010-10-21 23:27 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

ちゃんとしている、正しい「日本」

遠く離れて、ニューヨークの空の下。
それでも、大和魂を忘れずに本物を追及していました。

短い滞在でしたが、
以下の2店舗は本物の日本を輸出していると、
とても感激しました。

「温や」さんのうどん。
ちゃんとしていました。
真面目に一生懸命、正しくおいしいうどんを
遠く離れたニューヨークで食べられるとは、感激です。
日本人だけが日本を表現できるのではないのです。

大切なのは、魂(スピリッツ)。
クラシックでも異邦人の日本人が評価されていますし、
ジャズもロックもソウルも日本人が活躍しています。

逆も真なり。大切なのは、魂(スピリッツ)。
正しい日本の味に出会うと、
正しい日本の味を食べると、日本人はチカラ出ちゃいます。
ありがとうございます。

ちゃんとしている、正しい「日本」_d0166534_026377.jpg


ちゃんとしている、正しい「日本」_d0166534_0241389.jpg



蕎麦屋さんのそば。
インドネシア人職人の蕎麦打ち技術が、エクセレントでした。
四方伸ばしから、切りのスピードと正確さ。
うれしくなっちゃいました。
がんばれ!

ちゃんとしている、正しい「日本」_d0166534_0301650.jpg


ちゃんとしている、正しい「日本」_d0166534_0304030.jpg



日本人として、
正しく美味しい日本の食事を食べると、
海外にいても、生きるチカラがみなぎってきますね。
理屈じゃあ、ないですよね。
うれしいです。

# by KINTOBI61 | 2010-10-20 00:10 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化

アボカドときゅうりの「裏巻き」「玄米」ロール。
この裏巻きと玄米ロールがとても人気があります。
スーパーによっては、半分が玄米。

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化_d0166534_23385860.jpg


本当は、ハンバーガーにコーラを死ぬほど愛しているくせに、
こういう「なんちゃって健康食」を食べている自分が好きな
ニューヨーカーなのです。

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化_d0166534_003391.jpg


全粒粉の人気はパンばかりではありません。
ベジタリアン向けに全粒粉の湯葉焼きそばと、野菜「そば」焼きそば。
でもね、普通「そば」は焼かんでしょう・・・。

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化_d0166534_23512646.jpg


ニューヨークも不況で高級レストランが苦戦中。
新規出店はイタリア料理店ばかりとか。
パスタは、苦しい家計を助ける正義の味方。
ローコストなんだけどお洒落に見えるところがイタリアンの強み。
日本でもバブル崩壊後にそんなときがありました。

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化_d0166534_23511892.jpg


巻き簾でドラゴンロールを裏巻きしていたり、
わさびの根をサメ皮でおろしてるニューヨーカーを、
僕は想像できません。
でも、高感度なDEAN & DELUCAでは売っていたりします。
きっと、わさびをおろしている自分が好きって、
涙ながしたりしちゃうんでしょうか。

チョット違っているけれど、とにかく染みこむ日本の食文化_d0166534_0085.jpg


# by KINTOBI61 | 2010-10-19 23:29 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

UDONの美味しさは、理解してもらえる

中国香港のときにも感じましたが、
日本人ほど「うどんの食感」にこだわる民族は
いないのではないでしょうか?

UDONの美味しさは、理解してもらえる_d0166534_021191.jpg


腰がある、もっちり、しこしこ、など
うどんの麺線を噛んだときの粘弾性を
細かく表現できることも日本人・日本語の特長です。

UDONの美味しさは、理解してもらえる_d0166534_0561828.jpg


粘弾性とは、分解すれば粘性と弾性。
うどんを歯で噛んでいったときに、
元に戻ろうと反発する力が弾性で、
歯が食い込んで切れようとするときに粘って耐える力が粘性です。

UDONの美味しさは、理解してもらえる_d0166534_0214699.jpg


日本人が美味しいと感じるためには、
ただ弾力があるゴム質が好ましいのではなく、
もっちりと受け止めてくる粘性も必要なのです。
日本人の食感の好き嫌いには、DNAに刷り込まれた
美味しいコメの食感が基本にあると思います。

UDONの美味しさは、理解してもらえる_d0166534_0215429.jpg


ですから、戦後日本人の主食になった食パンにも
日本独自のテイストとして「もっちり」感が好まれるのでしょう。

UDONの美味しさは、理解してもらえる_d0166534_0221576.jpg


ぼそぼそと粘性の少ない麺や、
茹で不足でゴツゴツ硬い麺と違って、
本当に美味しいもっちりとした腰のある麺。
この違いをアメリカ人はわかってくれるのだろうかと
考えていました。

# by KINTOBI61 | 2010-10-18 23:55 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

NY市場調査

ニューヨークで日本の乾麺を置いている小売店14店舗、
日本の麺を扱っている飲食店を10店舗を
じっくりと見て回りました。

NY市場調査_d0166534_23164486.jpg


レベルや品数は店舗により様々ですが、
2年前に見て回ったときよりも扱いが増えていると感じました。
一見、日本麺と関係のないような場所でも、
洋食に混じって「UDON」が売られていました。

NY市場調査_d0166534_2319103.jpg


UDON、SOBA、RAMENは、英語として定着しつつあるようです。
SUSHI、TOFUに続くものになりそうです。

NY市場調査_d0166534_2329438.jpg


洋食に溶け込みつつあるUDON。
それが、たとえ伝統的な「日本のうどん」から離れてしまっても、
まずは知ってもらうことが良いのです。

NY市場調査_d0166534_23323166.jpg


カリフォルニアロールでも、豆腐サラダなど、
伝統的な食文化とは違っていても、
そこから日本の食文化に対する興味が生まれるならば、
すばらしいことだと思うのです。

NY市場調査_d0166534_23201375.jpg


# by KINTOBI61 | 2010-10-18 23:03 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

ニューヨークへ

13時半にボストンを立って、
ニューヨークのラ・ガーディア空港へ15時到着。
順調なフライトでした。

ニューヨーク市内へ向かいます。
こちらはボストンより少し暖かい。
人の話し方のテンポが速く、
回転が良くも、冷たくも感じられる。

ニューヨークへ_d0166534_22372412.jpg


夕食は市内の日本料理店で、鍋焼きうどんを注文。
明日は、一日中市場調査の予定。

ニューヨークへ_d0166534_2235482.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-10-17 20:25 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

ボストンの市場調査

残りの時間をボストン市内の
市場調査に当てました。

ボストンの市場調査_d0166534_22584243.jpg


大学生協、郊外の日本食材店、
韓国食材店、自然食品専門店を回り、
状況を調べました。

ボストンの市場調査_d0166534_22554162.jpg



韓国食材店は予想していたより大型で、
店内も賑わっており、
日本の乾麺も20種類ほど置いてあり、
意外な充実ぶりに驚きました。

ボストンの市場調査_d0166534_22145165.jpg



日本の麺が、在留邦人のみならず、
在留韓国人やアジアンに広がっているのなら、
日本の乾麺の可能性は少なくないと感じました。

ボストンの市場調査_d0166534_22111774.jpg


# by kintobi61 | 2010-10-16 22:00 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

アメリカのオーガニック、自然食

ボストンのEXPOは、
かなり規模の大きなものでした。
自然、オーガニック、美容、健康、
サプリメント、ペットなど、
各分野から合計1000ブースほどの
出店がありました。

アメリカのオーガニック、自然食_d0166534_21592846.jpg



それでも、西海岸のEXPOに比較すると、
規模が小さいとのことでした。

小麦、大麦、トウモロコシなどの
オーガニック穀物の展示も多く、
生産国としての懐の深さを感じます。

また、中国などからの
オーガニック食品の出店もあり、
興味深く見ることが出来ました。

アメリカのオーガニック、自然食_d0166534_2224142.jpg



日本では、穀物の有機JAS認証は少なく、
アメリカとは生産規模も面積も違う状況のなかで、
限られた展開になるのかな、
と彼我の違いを考えさせられました。

# by kintobi61 | 2010-10-16 19:56 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

Natural Products Expo 2010

Bostonにいます。

アメリカ建国の歴史を刻む、古い港町です。
今朝は摂氏5度とかなり冷えました。
風が強く、寒い。

道ゆく人は、皮、コート、ダウンを着て、冬装束です。

Natural Products Expo 2010_d0166534_21524933.jpg



またボストンは、
世界に名だたる学問、芸術、文化の都でもあります。

Natural Products Expo 2010_d0166534_21544872.jpg



ハーバード大学、
MIT、
ボストン交響楽団、
ボストン美術館
と、多くの世界一を持っています。


今日は、早朝から
Natural Products Expo という自然食の展示会に出かけます。
楽しみです。

# by kintobi61 | 2010-10-15 21:54 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

ボストンの中華街

昨夜は、
デトロイトのトランジットでターンテーブルが故障して、
ピックアップが遅れ、
危うく乗り継ぎに遅れるところでした。

ボストンの中華街_d0166534_21273248.jpg

なんとか間に合い、遅れてボストンのホテルに入りました。
ダウンタウンの中華街に出かけて、
ラーメン、うどん、焼きそば、と麺類ばかりを注文。

ボストンの中華街_d0166534_2134319.jpg

ラーメンは、細い麺だが硬めの食感の醤油味。

ボストンの中華街_d0166534_21332217.jpg

うどんは、冷凍だがXO醤で絡めた焼きうどん。これは美味い。

ボストンの中華街_d0166534_21351291.jpg

焼きそばは、大きいシュリンプとチンゲンサイの乗った、あんかけ堅焼きソバ。
これも美味しい。

初日から、食べ過ぎました。

# by kintobi61 | 2010-10-15 21:39 | きしめん・でら・パスタ計画 | Comments(0)  

食品開発展2010

東京ビッグサイトの
食品開発展に来ています。

健康、安全、体質改善など、
食品にあらたな機能を付加して、
バリューの高い食品の開発を
競っています。

機能性食品の分野は、
日本が食品の分野で
国際競争力をつけていく
手段の一つかもしれません。

食品開発展2010_d0166534_2124150.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-10-14 17:16 | | Comments(0)  

金トビ「美味しいうどんラボ」

金トビ「美味しいうどんラボ」の講習会が開催されました。

地元愛知県はもとより、
遠くは埼玉県からもお越しいただき、
「最高に美味しいうどんを作る」ことを目標に
熱い熱い講習会が行なわれました。

志賀(昭彦)所長の講義が始まりました
さあ! 最高のうどんを打つぞー!
金トビ「美味しいうどんラボ」_d0166534_8305156.jpg


講師も参加者もだんだん熱が入っていきます
金トビ「美味しいうどんラボ」_d0166534_832057.jpg


「まるけ」の秘訣をつかもうと必死です
金トビ「美味しいうどんラボ」_d0166534_833225.jpg


志賀(紀仁)工場長から小麦粉についての講義もあります
金トビ「美味しいうどんラボ」_d0166534_8343343.jpg


皆さん、大変熱心に取り組んでいただき、
ありがとうございました。
これからのうどん作りが変わったのではないでしょうか?

日本のうどんをもっと美味しくするために、
これからも「美味しいうどんラボ」活動を続けていきます。

# by kintobi61 | 2010-10-14 08:39 | めん | Comments(0)  

黒い無花果(いちじく)

安城は無花果(いちじく)の産地です。
黒い無花果をいただきました。
果皮が深紫色で少し小ぶりです。

このビオレソリエス品種は、
糖度が20近くあり、果実は柔らかくて濃厚な味です。

子供のころ、
畑のすみによく植えられていた品種は、
桝井(ますい)ドーフィンと言うのだそうです。
明るい色で、もっとおおぶりでしたね。

黒い無花果(いちじく)_d0166534_2158610.jpg


黒い無花果(いちじく)_d0166534_2222328.jpg

# by KINTOBI61 | 2010-10-13 22:02 | 季節 | Comments(0)